CAFE: 877.cc  = カフェ877cc =

mix877の思うがままのコラム 【 mix877考 】を始め、【 花粉症 】【 健康(風邪・食あたり・化粧水) 】【 ダイエット 】はアクセス数が多いですっ(≧∇≦)b
このブログの総本山 http://877.cc/ には 【 宝くじ予想掲示板 】【 飼いネコのつぶやきブログ 】等々があるので、みてみてっ♪
<< 寒いので髪の毛を短くしたw | main | 水槽の濁り、取れず…(>、<) >>
彫金体験:抜き作業
0
    朝も昼も夜も挨拶は 「こんバナナ」 のmix877です、こんバナナ(≧∇≦)b

    今日は彫金教室に行ってきました。
    といってもまだ体験なんですけどね。
    前回は彫金教室でなぜかアクリル板を切断してきました。

    さて、今回は…?


    今回はアクリル板ではなく、流木を持参し切断してきた…(笑)


    と、それは置いておいてm(_ _)m


    前回の体験教室では、WAXをしました。
    といっても、デザインを全く考えていなかったので、サボテンとはにわをモチーフに作りました。
    サイズ的にペンダントヘッドもしくは携帯ストラップにつけられるんではなかろうか、と。


    っていうかね、前回の体験教室ではオイラは師匠に習った事は
    『アクリル板の切り方』だけ!!!(爆)


    初回の彫金の体験教室で、アクリル板の切り方を習っただけというのは
    おそらく世界でオイラだけなのではないだろうか…v( ̄▼ ̄)エヘン




    一応、ワックスを削って体験教室もやってきたけどね♪
    道具の使い方、やり方等は、体験教室2日目の彼女に教えてもらいながら…(笑)



    で、今日は2回目の体験教室なのですが、
    1回目で作ったモノは、デザイン的に一部変更したい旨を伝え、
    ロウづけで対応するという事になったので、
    次回持ち越しということで、今回は通常の彫金教室をしてもらいました。


    まずは真鍮の板(厚さ1.00mm)で「抜き」作業をすることに。

    作成マニュアルをもらい、それに目を通した後、師匠の解説やアドバイスと雑談を聞きながら、見本の図案をみて、
    抜くデザインを決めました。

    オイラは、桜の花びら。
    彼女は、自分で書いた猫の肉球。


    真鍮の板に、それぞれの図案を書きます。
    不器用なオイラの場合、時間的に厳しくなりそうな感じが大いにあったので
    図案をコピーしてそれをノリで貼り付けて、くりぬく事にしました。
    彼女は油性マジックペン(黒)で、肉球の絵を書きました。

    それからの工程は↓こんな感じ。(*はオイラの覚書なので言葉や表現がまちがっている場合あり)

     1:ピンバイスでくりぬく部分の穴をあける。
        *真鍮板に対して直角(90度)で、下にほじっていくって感じ。


     2:あいた穴に糸ノコの刃を通して、糸ノコの刃を取り付ける。
        *糸ノコを押しながら、取り付ける。刃をたわませて、ネジを締める、という感じ。
        *糸ノコの刃の張り具合:指で押して微妙にたわむかどうかの加減。
        *ヤットコという道具を用いて締める。

     3:糸ノコでデザイン画のフチを切断する。
        *糸ノコの上の金属部分に親指を添え、人差し指を同じ位置の高さに添える。
        *必ず、真下&真上に糸ノコを動かす。
        *下に引く時に切れるので、下に引く時、力を入れる。
        *下に引きつつ、カットする方向に力を入れる。
        *板は相当しっかり抑える→軽く抑えた場合、糸ノコの刃がカンタンに折れてしまう。



    言葉で書くとカンタンなんだけどね…

    『糸ノコの刃の取り付け』
    で悩んだり苦戦した点


      1:刃を取り付ける時に、糸ノコを机等に押し付けながら締めていく時、刃が折れそうって思った。
      2:どの程度までヤットコで締めるのかがわからん。思いっきり締めてよいの?みたいな。



    まっ、とりあえず、自分なりに取り付けて、切ってみることにしました。

    『糸ノコで切る』作業でビビったり悩んだりした点

      0:刃が折れそうでコワイ…。
      1:正確に真上と真下に糸ノコを動かせているかどうか。
      2:抑え方が甘いと、刃がひっかかって板がもちあがる。
      3:切っている途中で、刃がたわんでゆるくなる。
      4:鋭角に方向を変える時、方向転換がうまくいかない。
      5:曲線(例えば円)の場合、大きく刃を動かすと直線になってしまう。
      6:直線の場合、まっすぐ切れない。
      7:板を抑えている左の指が、力いっぱい抑えていたら、だるくて疲れる。
      8:糸ノコを動かしている右手も、だるくなる。



    糸ノコの切断面や板のカットした部分の表と裏ををみれば、
    糸ノコの使い方がうまくいったかどうかがわかる
    、と師匠。


    切断面をみてみると、師匠のいうことがわかった。

     1:苦しんだり悩んだりした部分や集中力が衰えた部分は切断面がギザギザだったり、歪んでいた。
     2:難易度がやや高い鋭角での切り返し部分の切断面もギザギザだったり、斜めになっていた。




    彼女はオイラよりも器用で飲み込みがよく、手際よくそういう技術をマスターできるタイプの人なのはわかっていたが、
    隣で作業している彼女がオイラよりもはるかに速く切断していたのが、すごく悔しかった(>、<)


    オイラの場合、万事、飲み込みが遅い(>、<)
    迷惑だと思いつつも、基本的な(情けないと思われるような)質問を何度も何度も師匠に質問し、何度もお手本をみせてもらった。

    オイラは、飲み込みが遅く不器用だから、自分の目で師匠のやり方を目を凝らしてジーッとみた。

    見た映像が、オイラの頭の中でのイメージとオイラの理屈が合致したら、オイラにはそれができる!
    といういつものパターンを発動させる為、
    まずは、師匠の動きだけでなく、姿勢や道具の角度など、自分でココが大切だろうと思う部分を目に焼き付けるのに専念した。


    そして、合致したイメージを自分も行うように心がけて、
    師匠と同じ(と思われる)動きを行っていったのに、
    出来栄えはオイラの納得いくレベルではなかった。
    オイラは素人&超不器用なのに、目標レベル設定が高すぎともいう…(笑)



    職人が身体で身に付けた技の凄さをまざまざと痛感し、改めて師匠を尊敬した。


    師匠曰く
    「糸ノコをやすりのように使えるようになったら、糸ノコをうまく使えている」

    …なるほど。
    確かに切り返し部分は、それがカギとなるのはやってみてよーくわかりました。

    個人的には糸ノコを使っている時に
    「切っているというよりも削っている感覚があるなー。ヤスリって感じ」
    と思いながら作業をしていた。



    切り抜き終わった後は切断面とその付近のヤスリがけをおこなった。
    不器用な為、切断面がズタズタだったオイラは、ヤスリがけを行う部分が非常に多かった…(苦笑)


    その後、シルバー板(0.8mmだったかな?)で抜き作業をした。
    ここで桜の花びらで、超苦戦したオイラはデザインを変更する事にした。
    でも、せっかくシルバーに作成するので、自分の好きなデザインにしたくて
    デザインを決定するのに、時間を食った…汗

    でもって、やっとこさ決まったデザインは、最近、ハマッているエビ♪
    (彼女は、猫の肉球)


    が、デザインを描いて、作業をし始めて気づいた。


    桜の花びらより、カッタルーイ(難しい部分が多い)…(自爆)



    自分で決めたデザインだし、技術を上げる為には、前回よりも難しいものを作成しなくては!
    と考えていたので、心で半べそをかきながら、糸ノコをひいた。


    時折、師匠にみせながら、出来を確認してもらいつつ、抜き作業は完了。


    桜の花びらの時よりは、うまくなった(気がする)…(笑)



    でもって今日はここで時間切れ…_| ̄|○



    作品はまだ途中の為、教室に置いてきたので、写真撮影できませんでしたぁ…。
    後日アップします。




    オイラは不器用だけど、こういう作業は好きだって再認識した。


    それと同時に、彫金の工具がほしくてたまらなくなった。
    無骨な感じのヤットコやWAXゲージ…スパチュラ等…。


    いつかは一通りそろえてやると心の中で誓いつつ…(☆ー☆)キラン



    次回の彫金教室は、来年までお預けだけど、何かで糸ノコの練習をしたいなー!



    P.S.
     左手がなーんかだるーい。
     糸ノコを動かしていた利き手の右手じゃなくて、板を抑えていた左手がだるい…
    | mix877 | 彫金・腕時計 | 22:46 | comments(0) | trackbacks(0) | - | - |









    トラックバック機能は終了しました。
          1
    2345678
    9101112131415
    16171819202122
    23242526272829
    3031     
    << August 2020 >>
    + RECOMMEND
    宝くじ&ナンバーズ当たる!法則
    宝くじ&ナンバーズ当たる!法則 (JUGEMレビュー »)
    別冊宝島編集部
    法則は…毎回そうなるとは限らないけど
    けっこうクセがあるので参考になりますよ♪
    + RECOMMEND
    ロト6 ミニロト ナンバーズ 勝利の黄金方程式
    ロト6 ミニロト ナンバーズ 勝利の黄金方程式 (JUGEMレビュー »)
    ロト&ナンバーズ必勝の極意
    必勝の極意からオリジナル予想法を導き出せ!!
    + RECOMMEND
    ロト&ナンバーズ当たる番号はこれだ エクセルで当てる!!
    ロト&ナンバーズ当たる番号はこれだ エクセルで当てる!! (JUGEMレビュー »)
    ロト&ナンバーズ研究会
    始めはナンバーズの特徴をつかむことから
    始めてみるといいですよ(^-^)
    + RECOMMEND
    + SELECTED ENTRIES
    + RECENT COMMENTS
    + CATEGORIES
    + ARCHIVES
    + MOBILE
    qrcode
    + LINKS
    + PROFILE